稲村亜美“もみくちゃ騒動” 主催の連盟がHPに謝罪文

[ 2018年3月14日 05:30 ]

タレントの稲村亜美
Photo By スポニチ

 10日に神宮球場で行われた中学生の野球大会の開幕式で、始球式をしたタレントの稲村亜美(22)が多数の選手に取り囲まれる事態があり、主催者の日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟は13日までにホームページに「多大なご迷惑をおかけし心よりおわびを申し上げる次第です」と謝罪文を掲載した。

 始球式の直後、周囲で見ていた選手らがマウンド付近にいた稲村に押し寄せた。連盟によると選手数人がケガをしたという。謝罪文では再発防止を誓っている。稲村はリトルシニアでプレーした経験があり、プロ野球の始球式にも何度も招かれている。所属事務所を通じ「私自身にケガはなく押しつぶされたようなこともありません。ましてネットで独り歩きして書かれているようなこと(痴漢行為)はありませんでした」とコメントした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース