Hondaサヨナラ負けも主軸が競弾 初出場・山本瑛が3ラン

[ 2018年3月14日 05:30 ]

第73回JABAスポニチ大会第3日   Honda7―8王子 ( 2018年3月13日    神宮 )

6回2死一、二塁、左越え3点本塁打を放つHonda山本瑛
Photo By スポニチ

 Hondaはサヨナラ負けを喫したが、横浜金港クラブから移籍した山本瑛が「5番・一塁」で公式戦初先発で出場。4点を追う6回2死一、二塁で1点差に迫る左越え3ランを放った。「初球から積極的にいった。気持ちよかった」。

 7回には4番・佐藤が一時同点の左越え3ランを放ち、4、5番で計6打点。決勝トーナメントへ向け、山本瑛は「打席ではフルスイングして優勝したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース