金本監督 初リクエストも判定覆らず「映像に映っていなかったみたい」

[ 2018年3月14日 05:41 ]

オープン戦   阪神5―10ヤクルト ( 2018年3月13日    甲子園 )

4回1死満塁、青木の左前打で三塁走者に続き二塁走者・上田が生還する
Photo By スポニチ

 4点を失った後の4回1死満塁、ヤクルト・青木の左前打で二塁走者・上田が本塁突入。微妙なタイミングでセーフ判定となったクロスプレーに対し、阪神・金本監督が初のリクエストを要求した。

 リプレー検証の結果、判定は覆らず。指揮官は「(走者に長坂のミットが)当たっていたと思ったけど、そこが映像には映っていなかったみたいやね。そう(要求するタイミングも難しい)よ」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース