西武・山川6番降格 27打席無安打も内容向上「打球が上がれば」

[ 2018年3月14日 06:44 ]

オープン戦   西武0―2中日 ( 2018年3月13日    小牧 )

4回無死二塁、空振り三振に倒れる山川
Photo By スポニチ

 不振が続く西武・山川がオープン戦8試合目で初めて4番を外れて6番で出場。しかし3打数無安打で、27打席連続無安打となった。

 それでも3、4打席目は内野手の正面を突く強烈な打球で「徐々に、です。あの打球が上がればいい」と手応えをつかんだ様子。気分転換で打順を下げたという辻監督は「いい当たりだし(内容は)良かった。開幕4番?そりゃ思ってるよ」と話し、山川も「(開幕4番への思いは)当然あります」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース