西武 1月31日以来42日ぶり帰京 秋元コーチ「長かったよ…」

[ 2018年3月14日 19:08 ]

 長かった…。西武が実に42日ぶりに帰京の途についた。

 1月31日に、春季キャンプのために宮崎・春野入り。2月下旬に高知に移動し、練習試合などを経て再び宮崎に戻った。3月に入ってからは3日に佐賀、4日に長崎でオープン戦。さらに福岡、倉敷、神戸を経て、この2試合は小牧、名古屋と愛知県にいた。

 一部の先発投手やベテラン組の栗山、中村らは所沢に戻ったが、それ以外の選手や辻監督、コーチ陣は長い遠征の日々。11日に神戸から名古屋に移動する際には、新幹線の停電に巻き込まれて駅で1時間以上待たされたこともあった。

 「長かったよ…。1月31日からずっとだからね」と秋元バッテリーコーチ。15日は、もちろん休日。選手らはリフレッシュに努める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年3月14日のニュース