松坂が1軍合流「緊張すると思う」、2日楽天戦で日本復帰初登板へ

[ 2016年10月1日 16:30 ]

 ソフトバンクの松坂大輔投手が1日、1軍に合流した。シーズン最終戦の2日の楽天戦(コボスタ宮城)で昨季入団後初の1軍登板が見込まれる背番号18は「久しぶりなので緊張すると思うけど、普通に投げられれば」と意気込みを口にした。

 米大リーグから3年契約で日本球界に復帰したが、昨年8月に右肩を手術し、苦しいリハビリ生活を味わった。中継ぎでの起用となる見通しだが「単純にうれしかった。レギュラーシーズンは間に合わないと思っていたので」と話した。

 本拠地ヤフオクドームで行われた投手練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。左肘手術の経験がある同級生の和田毅投手は「けがで投げられない気持ちはすごく分かる。投げるチャンスがあるのは彼の努力のたまもの。僕にとってもすごくうれしいこと」と実感を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース