沢村CS不安…8度目セーブ失敗 菅野に続き内海の2桁も消した

[ 2016年10月1日 06:10 ]

<神・巨>9回、沢村の乱調によって勝ち星が消え、渋い表情の内海(右から3人目)

セ・リーグ 巨人1-2阪神

(9月30日 甲子園)
 巨人の守護神・沢村が、CSへ不安を残した。自身が消した内海の2桁勝利について「重々分かっていたし」というと約5秒の沈黙の後、「なんて言ったらいいか…」。さらに長い沈黙の末、「言葉が見つからないです」と絞り出した。

 1点リードの9回。1死から、高山の投手強襲内野安打と、原口の左前打で一、三塁とされる。代打・福留に投じた初球、フォークが高く浮き左前に運ばれ同点に。「打たれている変化球全てが高かった」。気持ちを整理する間もなく鳥谷に右前打。4連打で満塁にすると、俊介に直球を中犠飛にされサヨナラ負けを喫した。9月14日中日戦(ナゴヤドーム)で菅野の10勝目を消して以来、今季8度目のセーブ失敗。「チームに迷惑をかけ、ふがいない」と言うと「内海さんの2桁は分かっていたので…」と最後も言葉を詰まらせた。

 守護神2年目の今季は37セーブを挙げ、セーブ王のタイトルは既に確定。しかし夏場以降は苦しんでいる。7月まで1・35だった防御率は、8月は4・26、9月は5・40と勝負どころでの救援失敗が目立つ。計8度のセーブ失敗のうち、6度が敵地。CSファイナルステージに進めば、マツダスタジアムでの戦いになる。高橋監督は「1年間この形でやっているので、いつも通り終われば良かった」と話し、村田ヘッドコーチは「CSに向けて復調してもらわないとな」と期待した。

 7回無失点の内海は菅野、マイコラス、田口に次ぐCSの4人目の枠に当確。「(10勝は)残念ですけど、CSで投げる機会があればいい調整をしたい」と切り替えたが、後味の悪い敗戦となった。1日の阪神戦がレギュラーシーズン最終戦。沢村の復活なしに、逆転日本一はあり得ない。(神田 佑)
【試合結果】

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース