青木、4号ソロ含む2安打2得点「打撃練習でもあんなに飛ばしたことない」

[ 2016年10月1日 14:55 ]

ア・リーグ ( 2016年9月30日    シアトル )

アスレチックス戦の2回にソロ本塁打を放ち、ベンチで祝福されるマリナーズの青木(AP)

 マリナーズの青木宣親外野手(34)は9月30日(日本時間10月1日)、シアトルでのアスレチックス戦に「1番・左翼」で出場し、2回に4号ソロ本塁打を放つなど3打数2安打1打点、2得点。3試合連続マルチ安打をマークし、5―1の勝利に貢献した。

 青木は初回、二塁内野安打で出塁すると、1死から3番カノの本塁打で先制のホーム。2―0の2回には2死走者なしから相手先発アルカンタラの2球目の速球を右越えに運び、13日のエンゼルス戦以来となる本塁打で追加点をもたらした。4回は二ゴロで、6回終了後に退いた。

 マリナーズは5―1で勝って3連勝。ワイルドカードでのプレーオフ出場圏内へ1ゲーム差とした。

 ▼青木の話(4号ソロは打球が)すっ飛んでいきましたね。打撃練習でもあんなに飛ばしたことがないほど、本当によく飛んだ。(1回は9球目を打って内野安打)簡単に三振しないようにと思っていた。結果が出ると気持ちが違う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月1日のニュース