川崎、プレーオフはベンチ外れても控え要員で同行

[ 2016年10月1日 05:30 ]

ナ・リーグ カブス1―1パイレーツ

(9月29日 ピッツバーグ)
 カブスの川崎はプレーオフのベンチ入りメンバーから外れても、故障者などが出た時の控え要員としてチームに同行することになりそうだ。

 ジョー・マドン監督が「川崎はどんな時でもチームにいてほしい選手であり、最高のチームメート」と可能性を示唆した。ブルージェイズに在籍した昨季もメンバー外ながらチームに同行し続けた。この日は2回2死一塁で二遊間を破り、中堅の守備位置を見て俊足を飛ばし二塁打とした。試合は6回表1死で降雨コールドゲームとなり、大リーグでは05年6月30日のレッズ―アストロズ以来11年ぶりの引き分けとなった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年10月1日のニュース