フェルナンデス投手追悼ミサにイチら500人参列

[ 2016年10月1日 05:30 ]

 事故死したマーリンズ・フェルナンデス投手の追悼ミサがマイアミ市内の教会で行われ、イチローほか全選手とチーム関係者ら約500人が参列した。

 ロブ・マンフレッド・コミッショナーや代理人のスコット・ボラス氏ら多くの球界関係者も詰め掛けた。約2時間の式を終え、棺が運び出されると参列者は沈痛な表情で別れを告げた。出棺後、チームは最後の遠征地ワシントンへ向かった。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース