戦力外通告期間など確認 NPBと選手会が事務折衝

[ 2016年10月1日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が30日、東京都内で行われた。1日から始まる戦力外通告期間などのルール確認を行った。

 戦力外は第1次通告期間は1日から7日まで、第2次通告期間はクライマックスシリーズ全日程終了の翌日から日本シリーズ終了の翌日までとなっている。また、今年の12球団合同トライアウトが11月12日に甲子園球場で行われることが決定。戦力外となった選手や、プロ野球退団後に社会人野球に登録されて2年以上経過した選手が参加できる。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2016年10月1日のニュース