広島・広瀬 ラスト打席は黒田の代打で左飛 本拠スタンド大歓声

[ 2016年10月1日 20:45 ]

<広・ヤ>7回1死一塁、代打で登場して左飛に倒れた広瀬はファンの声援に応える

セ・リーグ 広島3―1ヤクルト

(10月1日 マツダ)
 今季限りでの現役引退を表明している広島の広瀬純外野手(37)が7回に代打で登場し、左飛に倒れた。

 7回1死一塁で黒田の代打として登場。名前をコールされると本拠地マツダスタジアムは大歓声に包まれた。小川の前に左飛に倒れたものの、ベンチに戻るとナイン一人一人と握手を交わした。そして8回の守備から右翼の守備に就いた。勝利の瞬間を迎えると、ナインと笑顔でハイタッチを交わしていた。
【試合結果】

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース