巨人、21年ぶり優勝 岡本3打点でMVP ファーム日本選手権

[ 2016年10月1日 17:07 ]

 プロ野球のファーム日本選手権は1日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で行われ、イースタン・リーグ覇者の巨人がウエスタン・リーグ覇者のソフトバンクを6―2で破り、21年ぶり8度目の優勝を果たした。最優秀選手には4番としてソロ本塁打を含む2安打3打点を放った巨人の岡本が選ばれた。

 巨人は3回に大田の2点二塁打で先制し、5回に岡本の適時二塁打で加点。5―2の9回には岡本が中越えにソロを放って突き放した。ソフトバンクは投打ともに精彩を欠いた。

 ▼巨人・斎藤2軍監督 今年やってきた戦いができた。やっぱり3、4番が打つと、こういう点数になる。投手もうまく役割を果たしてくれた。選手の励みになると思うし、自信にしてほしい。

 ▼ソフトバンク・水上2軍監督 選手はよくやってくれた。巨人はそつのない野球をするチームで、それを上回らなければいけない。まだまだ指導力不足。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース