最後も直球…福原 阪神一筋18年「伝統あるユニホーム…僕の誇り」

[ 2016年10月1日 17:35 ]

セ・リーグ ( 2016年10月1日    甲子園 )

<神・巨25>7回無死、引退の福原は立岡を左飛にしとめ登板を終え涙をこらえる

 阪神一筋18年の福原が慣れ親しんだ甲子園のマウンドに別れを告げた。5―0で迎えた8回に登板し、直球で立岡を左飛に。直球にこだわり続け、最後までその姿勢を貫いた。

 プロとしての1球目は99年、東京ドームでの巨人戦。最後の1球は甲子園での同カードだった。伝統の一戦で始まり、伝統の一戦で現役を締めた福原。あいさつでは「伝統の一戦がいつまでも『伝統の一戦』と呼ばれるようこれからも応援をよろしくお願いします」と阪神だけでなく、巨人ファンにも呼びかけた。最後は「伝統あるタイガースのユニホームを着られたことが僕の誇り」。スタンドからの「福原コール」包まれ、18年の現役生活に別れを告げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース