ヤクルト山田、史上初の2年連続トリプルスリー!DeNA筒香2冠

[ 2016年10月1日 20:44 ]

ヤクルト山田(右)とDeNA筒香

 セ・リーグの全日程が1日に終了して個人タイトルが確定。山田(ヤクルト)のプロ野球史上初となる2年連続トリプルスリーを達成した。打率は・304、38本塁打、30盗塁の成績だった。山田は2年連続2度目の盗塁王にも輝いた。

 筒香(DeNA)が44本塁打、打点110でともに初となる本塁打王と打点王の2冠を獲得。坂本(巨人)が打率・344で初の首位打者を獲得。出塁率・433で最高出塁率も手にした。最多安打は菊池(広島)の181安打。

 野村(広島)が16勝で初の最多勝、勝率・842で勝率第1位に。菅野(巨人)が防御率2・01で自身2度目の最優秀防御率、189奪三振で初の最多奪三振を獲得した。最多セーブは沢村(巨人)の37セーブ。マシソン(巨人)が49ホールドポイントで最優秀中継ぎとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース