広島・鈴木 逆転首位打者ならず…1番で4の0、2三振

[ 2016年10月1日 20:45 ]

<広・ヤ>初回、先頭打者の鈴木(右)は小川に中飛に打ち取られる

セ・リーグ 広島3―1ヤクルト

(10月1日 マツダ)
 広島の鈴木誠也外野手(22)が今季レギュラーシーズン最終戦となるヤクルト戦で4打数無安打に終わり、首位打者のタイトル獲得はならなかった。

 この日、「1番・右翼」でスタメン出場。5打数5安打なら、全日程を終えた巨人・坂本の打率・344を超えるだけに注目されたが、4打数無安打2三振に終わり、打率を・335に下げた。
【試合結果】

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年10月1日のニュース