清原被告 更生の鍵は交際中ハーフ美女 22歳元アイドル、1児の母

[ 2016年5月18日 07:50 ]

清原和博被告

清原和博被告初公判

(5月17日 東京地裁)
 清原被告の再生に向けて、最大のキーマンは恋人だ。2月2日夜に逮捕される直前まで、自宅マンションで一緒に過ごしていた交際女性。更生の道は明確なゴールがなく、長期間にわたることも予想される。周囲は「つらく苦しい時に支えていけるのは彼女しかいない」と期待している。

 女性は22歳のハーフ美女で、東京・銀座の高級クラブに勤めていた元ホステス。しかも現役大学生ながら、1児の母。中学時代には大手芸能事務所に所属し、駆け出しのアイドルグループとしても活動し、CMに出演したことも。知人は「誰が見ても美人と思うモデル風のルックス」と言い、銀座の高級クラブでNo・1だった。

 出会ったのは昨年春。銀座の多くのクラブで出禁になっていた清原被告が、親しいママの店で初めて付いた彼女に一目ぼれ。夏頃から交際をはじめた。知人によると、清原被告の逮捕時はあまりのショックに号泣。その後、銀座のクラブを辞めている。

 女性の父親は大手航空会社の役員。清原被告にも紹介済みで、昨年10月ごろには一緒に食事もしている。清原被告の人柄も気に入り、逮捕後も2度と薬物に手を出さないことを条件に「今後の交際も認めていた」(知人)という。ただ、今月中旬に本紙が取材した際には「ノーコメント」と答えただけで、初公判を終えての胸中は分からない。

 逮捕からの3カ月半、女性は清原被告と会っていないようだが、弁護士を通じて連絡は取っていたという。ただ“清原の恋人”というだけで「マスコミのマークもあって銀座に戻ることもできず、働けない状態が続いている」(知人)という。清原被告も収入が全くない中、今後どうやって付き合っていくのか不安も抱えており「交際の行方は裁判が終わるまでは見えない状態」になっている。清原被告の今後に「欠かせない存在」(知人)といわれるだけに、恋人次第で清原被告の更生への一歩は大きな影響を受けそうだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース