ちぐはぐな日本ハム 栗山監督「粘るのはいいこと。本当に俺の責任」

[ 2016年5月18日 23:08 ]

パ・リーグ 日本ハム2―6ソフトバンク

(5月18日 ヤフオクD)
 日本ハムは投打ともちぐはぐだった。同点に追いついた直後の4回に先発の吉川が松田に勝ち越しソロを浴び、7回には3番手の井口が痛恨の3ランを許し、試合の大勢が決まった。

 打線は8まで1点止まり。9回に1点を返し、さらに2死一、二塁としたが、最後は田中賢の右翼への鋭い打球を好捕された。栗山監督は「粘るのはいいこと。本当に俺の責任」と選手をかばった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース