巨人ポレダ帰国へ 故障で治療か、ノースロー調整続く

[ 2016年5月18日 06:53 ]

巨人のポレダ

 巨人のアーロン・ポレダ投手(29)が、近日中に米国へ帰国予定であることが17日、分かった。

ノースロー調整が続いていることから左肩か肘を故障している可能性が高く、母国で治療を受ける見込み。18日にも球団と帰国日について話し合うもようだ。来日1年目の昨季8勝を挙げた助っ人左腕は、制球に苦しむなど1勝3敗、防御率4・00。4月30日に出場選手登録を抹消され、2軍で調整していた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年5月18日のニュース