オリ・ディクソン ゴロの山4勝目「自分には合っている」

[ 2016年5月18日 05:30 ]

<楽・オ>7回を4安打1失点で4勝目のディクソン

パ・リーグ オリックス7―1楽天

(5月17日 秋田)
 先発のオリックス・ディクソンは7回4安打1失点でチームトップの4勝目を挙げた。

 ツーシームを駆使し内野ゴロで13個のアウトを奪う持ち味を発揮。「きょうのが僕のいいときの投球。とにかく低めに集めようと思った」と胸を張った。7回に島内の打球が右足に当たったが、次回登板には問題なし。前日練習で球場の雰囲気を気に入り「明日が楽しみ」と話していたが、その通りの快投に「すごく楽しかった。これまでの野球人生は外でやっていたので、自分には合っている」とご機嫌だった。

 ▼オリックス・福良監督(内野ゴロの山を築いたディクソンに)あれが持ち味。良かった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース