ソフトB 北九州8連敗 無敗男バンデン大炎上5回7失点KO

[ 2016年5月18日 05:30 ]

<ソ・日>初回1死一塁、大谷に2ランを浴びるバンデンハーク

パ・リーグ ソフトバンク2―7日本ハム

(5月17日 北九州)
 無敗を誇った右腕が沈んだ。プロ野球記録のデビュー以来14連勝中だったソフトバンクのバンデンハークが、今季最短の5回6安打を浴びて、自己ワースト7失点。

 「初回から失点し、いいリズムをつくれずにチームに申し訳ない」と下を向いた。

 レギュラーシーズン23試合目の先発。「ストライクを先行できなかったのが全て。甘い球が増えた」と立ち上がりから安定感を欠いた。初回、大谷に甘いスライダーをスタンド上段まで運ばれた。先制2ラン。3回にも陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)に2ランを浴びて、4回も1失点。5回には暴投も絡んで2失点と崩れ、この回限りでマウンドを降りた。

 工藤監督は「誰でも調子が悪い時、調整できない時はある」とかばったが、チームは鬼門・北九州で11年8月31日のオリックス戦から1分けを挟んで8連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース