大谷父 54歳誕生日の祝砲に「打ってもらってうれしい」

[ 2016年5月18日 05:30 ]

<ソ・日>初回1死一塁、左中間に2ランを放つ大谷
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム7―2ソフトバンク

(5月17日 北九州)
 54歳の誕生日を迎えた日本ハム・大谷の父・徹さんも「誕生日だから打ってもらいたいという特別な意識はなかったですが、打ってもらってうれしいですね」と祝砲を喜んだ。

 少年時代の大谷に野球を指導した徹さんは、現在、中学硬式野球チーム「金ケ崎リトルシニア」で監督を務めている。この日は大谷の母・加代子さん(52)と奥州市内の自宅でテレビ観戦して「体がでかくなった分、パワーがついた」と打者・大谷を評価。「まだ投手では貢献できていないけど、二刀流もまんざらではないですね」と笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース