イチロー 足で重圧 四球で出塁後に揺さぶり、3連勝貢献

[ 2016年5月18日 05:30 ]

<フィリーズ・マーリンズ>7回、四球で出塁後、後続の適時打で本塁へ向かうマーリンズのイチロー

ナ・リーグ マーリンズ5―3フィリーズ

(5月16日 フィラデルフィア)
 マーリンズのイチローがフィリーズ戦で3連勝に貢献した。

 2点リードの7回無死三塁で代打で登場して四球を選ぶと、相手バッテリーは日米通算700盗塁にあと1としている42歳の足を警戒。後続の打者2人が立つ間に計7度のけん制と1球のウエストボールを誘った。走らずとも足で重圧をかけ、後続の犠飛と適時打を演出。今季最多タイの貯金4としたドン・マッティングリー監督は「もう少し得点が欲しかった」と貪欲に言った。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース