オリ 元中日クラーク獲得を発表「やっぱり長打力」

[ 2016年5月18日 05:30 ]

オリックスが獲得を発表した元中日のクラーク

 オリックスは17日、元中日のマット・クラーク内野手(29)の獲得を発表した。

 クラークは13年に中日で132試合に出場し、打率・238ながらも25本塁打、70打点をマークした左の長距離砲。14年にはブルワーズでメジャー16試合に出場して3本塁打を放ち、今季はメキシカン・リーグでプレーしていた。チームは得点力不足に悩まされており、16日までのチーム打率・240、総得点118点はともにリーグワースト。福良監督は「期待するところは、やっぱり長打力」と話した。19日に入団会見予定で背番号は44に決まった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月18日のニュース