立大・田中和が珍記録 1シーズン内で両打席弾

[ 2016年5月10日 05:30 ]

<立大・東大>5回2死一、三塁、右越え3ランを放つ田中和

東京六大学野球第5週最終日 立大8―2東大

(5月9日 神宮)
 立大の田中和が、昨年90周年を迎えた東京六大学の歴史でも珍しい1シーズン内での左右両打席本塁打を記録した。

 4―0の5回2死一、三塁から左打席で右翼席へ2号3ランを放ち「芯に当てれば良いと思った。打てて良かった」と笑った。4月23日の早大戦は右打席で中越えソロ。元々両打ち。大学入学後に一度は左打ちに専念したが、今季から再び両打ちに戻した。1日のHondaとのオープン戦では1試合の中で左右両打席で本塁打を放ったという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月10日のニュース