ドラ高橋リハビリ開始 復帰時期は「握ってみないとわからない」

[ 2016年5月10日 07:50 ]

術後初めてナゴヤ球場を訪れた中日・高橋

 右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折し6日に名古屋市内の病院で手術を受けた中日の高橋が9日、ナゴヤ球場でリハビリを開始した。

 この日は右手に固定具をつけたまま、下半身トレーニングなどをした様子。1週間で固定具を外し2週間程度で抜糸する見通し。過去の例では実戦復帰まで2カ月要するケースが多いが「痛みはないです。1週間経って、握ってみないとわからないですけど。(医師には)そんなに長くかからないと言われています」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年5月10日のニュース