伊東監督 移動日に帰郷「見るまでは安心できなかった」

[ 2016年5月10日 22:25 ]

 4月に震度7の地震が2度も起きた熊本県出身のロッテの伊東監督は10日、チームが移動日だった9日に熊本市内の実家に帰ったことを明かした。被害は軽微だったようで「大丈夫と言われていても、見るまでは安心できなかった」とほっとした様子だった。

 故郷で兄夫婦とともに暮らす母親も元気だったそうで「やっぱり野球が楽しみみたい。毎日中継を見ているみたいだし」と話し、2位につけるペナントレースへ気持ちを新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年5月10日のニュース