ロッテ 井口 意地の適時二塁打「追い込まれていたので思い切って」

[ 2016年5月10日 21:54 ]

パ・リーグ ロッテ1―2ソフトバンク

(5月10日 ヤフオクD)
 3ゲーム差でソフトバンクを追う2位・ロッテはあと一歩及ばず、首位攻防3連戦の初戦を落とした。

 5回までバンデンハークの前にパーフェクトに封じられ、毎回の8三振。それでも、6回に田村が初安打を放ち、0―2の8回1死二塁で井口が左翼線適時二塁打で1点を返した。野手では現役最年長となる41歳は「追い込まれていたので思い切っていくだけだった」と話した。

 しかし、1点を追う9回もサファテの前に三者凡退。伊東監督は「負けは負け。現状ではこの差がある。あつ2つ(2試合)あるのでなんとかね」と切り替えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年5月10日のニュース