元巨人投手 秋本祐作氏死去 引退後はプロゴルファーに

[ 2016年5月10日 20:59 ]

 元巨人投手だった秋本祐作(あきもと・ゆうさく)さんが9日午後1時15分、慢性心不全のため兵庫県宝塚市の病院で死去した。80歳。神奈川県出身。

 葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は妻登喜子(ときこ)さん。

 神奈川・横須賀工高から社会人野球の京都大丸を経て56年に阪急(現オリックス)入団。68年途中に広島、72年に巨人に移籍し、73年に現役を退いた。58年に最高勝率でタイトル獲得。通算487試合に登板し、51勝56敗。引退後はプロゴルファーに転身した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年5月10日のニュース