カブス指揮官の采配的中「ホットにさせたくなかった」

[ 2016年5月10日 05:30 ]

ナ・リーグ カブス4―3ナショナルズ

(5月8日 シカゴ)
 カブス・マドン監督の采配が的中した。先発は昨季サイ・ヤング賞右腕アリエッタで、ハーパーは今季打率・265。それでも名将は「好調でないことは知っているが、ホットにさせたくなかった」と徹底的に勝負を避けて、延長13回にバエスのサヨナラ弾で白星をものにした。

 ナ軍4連戦にスイープして7連勝。24勝6敗で両リーグトップの勝率・800とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2016年5月10日のニュース