×

マエケン最後の球宴?3回零封で無傷の3連勝

[ 2014年7月19日 05:30 ]

<全パ・全セ>初回1死、一ゴロを打った銀次(左)とベースカバーの前田健が一塁に駆け込み、前田健が一瞬早くアウト

マツダオールスターゲーム2014第1戦 全セ7―0全パ

(7月18日 西武D)
 勝つ男は祭りでも勝った。広島・前田健は当初予定していた2回を3回へ延ばした。「2イニングをパーフェクトだったので、もう1イニングいこうと」。完全投球が止まった3回も2死満塁で糸井を中飛に退けて無失点。球宴では無傷の3連勝で敢闘選手賞にも選ばれた。賞の獲得は実に3度目で「4回で3回も獲れば上等でしょう」と声が弾んだ。

 マウンドから振り返れば、赤いユニホームを着た5人の同僚が守っていた。球宴常連でも、これほど大勢の同僚に囲まれたのは初めてだ。「いつもと一緒だな、と。オールスターなんで違うメンバーでも…という思いがあったけど、安心感はあった。みんな結果が出てよかった」。舞台裏では1、2番を打った丸、菊池に「点を取れ」とハッパをかけた。「点を取ってくれたら勝利投手になれるから。初回はダメだったけど、3回は打ってくれた」。存分に祭りを楽しんだ。

 前半戦最後の登板から中5日で挑んだ。最速150キロの直球から、101キロのスローカーブまで力と技を披露。「直球だけでなく、変化球を交えて抑えにいった」。シーズン中と変わらない多彩な41球だった。

 早ければ今オフにもメジャー挑戦を見据えており、日本で最後の球宴になる可能性もある。「それは分からない。でも、ファン投票で出られるのは光栄」。恩返しは22年間も遠ざかる優勝しかない。「交流戦で負けが続いて、その後もズルズルいってしまった。首位とゲーム差を広げられた。縮めていきたい。チームとしていい状態で入れれば…」。後半戦は巨人、阪神戦が集中する週後半の登板が予定されている。3位からの逆襲に向け、弾みをつける好投だった。

 ▼広島・キラ(5番一塁で先発出場も3打数無安打)楽しめたし、エキサイティングだった。やりやすい雰囲気だったよ。

 ▼広島・丸(7回に右中間二塁打)1、2の3で打った。それまでの打席は打ちたい気持ちが強すぎた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月19日のニュース