×

東京ガス・岩佐 ロッテ石川助言で7回1失点開幕

[ 2014年7月19日 05:30 ]

<東京ガス・七十七銀行>力投する東京ガス先発・岩佐

第85回都市対抗野球1回戦 東京ガス6-1七十七銀行

(7月18日 東京D)
 開幕戦の重圧はなかった。東京ガス・岩佐は堂々と成長の証をマウンドに刻んだ。3回1死満塁のピンチを最少失点で切り抜けると、尻上がりに調子を上げ、4回以降は無安打投球。7回5安打1失点で、チームを2年連続初戦突破に導いた。

 「緊張はあまりしなかった。開幕戦と意識せず、いつもの公式戦と捉えていた」

 緩急で相手打線を翻ろうした。顕著だったのが3回だ。1死満塁から4番・中井に右前打を浴び、1点差に詰め寄られた。なおも満塁で清野を空振り三振。続く目黒には6球目、内角への144キロ直球が外れ、フルカウントになったが、最後は102キロのカーブ。42キロの球速差で緩急をつけ空を斬らせた。「とにかく最少失点で切り抜けようと思った」とこの試合、最大のピンチを脱した。

 昨年、チームは8強入りしたが、自身は右肘痛のため、登板機会はなかった。それでも「兄貴のような存在」と慕う石川(現ロッテ、写真)と冬場にシャドーピッチングを行い、フォームを固めた。石川から「足を広げて下を使って投げろ」とアドバイスを受け、下半身の体重移動を意識するようになり、直球は140キロから147キロまで球速アップ。「ストレートが速くなった分、カーブも生きている」と相乗効果が生まれた。

 その石川が抜けた今、6年目のキャリアは投手陣最長。「年数は一番上だし、引っ張っていきたい」と自覚十分。昨年は準々決勝で、2連覇したJX―ENEOSに競り負けた。「石川超え」の先に、初の栄冠が待ち受ける。

 ▼ロッテ・石川 (岩佐は)プライベートでもよく食事に行く、とても仲の良かった後輩。活躍したと聞いてうれしいし、自分にとっても励みになるし、負けないよう頑張りたい。東京ガスにはこの先も勝ち進んで優勝してもらいたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月19日のニュース