×

金子 大谷と対照的な投球「投げにくかった」オール変化球で三者斬り

[ 2014年7月19日 23:04 ]

2回、2番手で登板した全パ・金子

マツダオールスターゲーム2014第2戦 全パ12―6全セ

(7月19日 甲子園)
 全パの2番手で登板したオリックスの金子は先発の大谷(日本ハム)とは対照的な投球を披露した。「1球も直球を投げなかった」といい、多彩な変化球を駆使し、1回を三者凡退に抑えた。

 大谷の162キロの余韻が残る中でのマウンドだった。これにはさすがの防御率リーグトップ右腕も「投げにくかった。だから直球を投げなくてよかった」と本音を漏らしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月19日のニュース