×

国士舘 主将・吉田がV打「前の打席で三振していたので…」

[ 2014年7月19日 05:30 ]

西東京大会4回戦 国士舘9―2工学院大付

(7月18日 昭島市民)
 国士舘が工学院大付を8回コールドゲームで下し16強進出を決めた。2回2死二、三塁から1番・吉田主将が左翼線を破る適時二塁打。内角直球を引っ張る一打に「前の打席で同じコースで三振していたので引きつけて打とうと思っていた」。

 箕野豪監督は「難しい試合だったが序盤に先制点が取れて良かった」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月19日のニュース