×

独立Lの元NBA得点王マグレイディー 初K奪って引退

[ 2014年7月19日 05:30 ]

 米独立リーグ、アトランティック・リーグのシュガーランドでプレーしていたトレーシー・マグレイディー(35)が野球界からの現役引退を発表した。

 NBAのマジックなどで得点王2度、オールスター7度出場の実績を残したスター選手。マグレイディーは16日のオールスター戦に先発。1回1/3を投げキャリア初三振を奪い「これが最後の試合。みんなに感謝したい」と話した。リーグ戦通算4試合で6回2/3を投げ4安打5失点、防御率6・75の成績を残した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月19日のニュース