元広島ソリアーノ 日米2000安打 日本2安打も名球会規定クリア

[ 2013年8月9日 06:00 ]

広島時代のソリアーノ

ア・リーグ ヤンキース5―6ホワイトソックス

(8月7日 シカゴ)
 ヤンキースのアルフォンソ・ソリアーノ外野手(37)が日米通算2000安打を達成した。

 7日(日本時間8日)のホワイトソックス戦の初回に左越え2ランを放ち、メジャー通算1998安打。97年にプロ生活をスタートさせた広島での2安打と合わせて大台に到達し「うれしいよ。日本でのプレーは忘れられない」と笑顔だった。

 日本の名球会入りの条件は日本のプロ野球での記録をスタート地点とするため、入会規定をクリア。ただ、日本での実績の少なさなどから日本プロ野球名球会関係者は「記憶にない。物凄くレアなケース」と話し、入会は12月の総会で話し合われることになった。ソリアーノは「少ししかプレーしていないけど、(入会要請があれば)うれしい」と期待を寄せた。

 異例の快挙に同僚のイチローは「広島の(ドミニカ)アカデミーから始まって日本の2軍でやって、それで今ロールスロイスに乗っている。僕的にはいいなと思いました」と祝福。広島でも同僚だった黒田は「悪ガキ」と当時の印象を語り「不思議な縁。2軍の寮も一緒だった。僕も含めてよく走らされた。ここまで打つとは思わなかった」と懐かしそうに話した。

 ▽名球会入りの条件 日米通算で投手は200勝または250セーブ、野手は2000安打に到達した選手。ただし、プロ選手としてのキャリアを日本でスタートしているという前提がある。今年4月に外国人選手初の2000安打を達成し、名球会入りしたDeNAのラミレスは、86安打した大リーグでの成績は含まれていない。

 ≪中込から2安打≫ソリアーノの広島での成績は通算9試合(97年の1年間)で17打数2安打、2四球、4三振、打率・118。97年8月10日の阪神戦(広島)でプロ初安打を含む2安打を中込から放った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年8月9日のニュース