マー君 日本新開幕16連勝!楽天 貯金20の大台に乗せた

[ 2013年8月9日 21:09 ]

<楽・ソ>16連勝へ向けて力投する田中

パ・リーグ 楽天5―0ソフトバンク

(8月9日 Kスタ宮城)
 楽天のエース・田中が9日Kスタ宮城で行われたソフトバンク戦に先発し、7回、92球を投げ4安打、無四球、8奪三振の無失点で、日本新記録の開幕16連勝を達成した。また、昨季から続く連勝も20に伸び、51~52年の松田(巨人)と57年の稲尾(西鉄)が持つ連勝記録にも並んだ。田中は今季パ・リーグ全5球団から勝利をマーク。楽天は連勝で貯金を20の大台に乗せた。

 初回、田中はいきなり先頭の中村に二塁打を打たれ、1死三塁のピンチを迎えたが内川を空振り三振、松田を投ゴロに打ち取った。その後は安定した投球で無失点を続けた。7回に長谷川に二塁打を打たれ、暴投で1死三塁とされたが、ここも後続をピシャリ。8回からマウンドに上がった小山伸は1死満塁のピンチを作って降板も、青山が後続を断ち、9回は金刃、斎藤が締めた。

 打線も田中を援護。5回、先頭のマギーが右前打で出塁し、続く枡田が「魂で食らい付いた」という左中間二塁打を放ち貴重な先制点を挙げた。さらに嶋の中前適時打で加点。6回にも藤田、銀次の連打などで1死満塁とし、枡田の犠飛、松井、嶋のタイムリーでこの回3点を加えた。

 ソフトバンクは3連敗。初回、7回の1死三塁、8回の1死満塁の好機で得点できなかった。帆足は5回2/3、8安打、5失点で5敗目。
 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース