DeNA今季最悪8連敗 中畑監督「こんな悔しい負けはない」

[ 2013年8月9日 06:00 ]

<D・巨>8連敗にベンチの中畑監督は厳しい表情

セ・リーグ DeNA6-7巨人

(8月8日 横浜)
 DeNAは白星をほぼ手中に収めながら、残り1アウトで暗転した。1点リードの9回2死一、二塁から守護神・ソーサが長野に逆転打を許して、3年ぶりの8連敗で借金は今季ワーストの16。

 巨人戦は今季2勝12敗となり、中畑監督は「粘りを見せてもしようがない。ウチは勝つしかない。逆にこんな悔しい負けはない」と語気を荒らげた。

 勝利への執念も実らなかった。同点の7回に背中の張りで戦線離脱し、6月9日以来2カ月ぶりに1軍昇格した山口を救援で投入したが、村田に2ランを被弾。指揮官は「一番打たれてはいけない選手に打たれた。ちょっと理解不能です」と吐き捨てた。再逆転したが、9回に石川が先頭の坂本の二ゴロを悪送球で出塁を許すと、ソーサも巨人打線にのみ込まれた。

 試合後はスタンドのファンから「清、勝ち試合見せろよ!」と怒号が飛んだ。会見の終了間際にフッと息を吐き、「ため息をついちゃダメだ」と自らに言い聞かせた指揮官。立ち直る特効薬は白星しかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース