「チームの顔の自覚」聖光学院・今 好救援で逆転呼んだ

[ 2013年8月9日 11:39 ]

愛工大名電を破りガッツポーズの聖光学院・今

第95回全国高校野球選手権1回戦 聖光学院4―3愛工大名電

(8月9日 甲子園)
 今大会から背番号1を背負う聖光学院の今が好救援でチームを勝利に導いた。

 1点を追う7回から初の甲子園のマウンドへ。この回を0点に抑えると、直後に味方打線が逆転。毎回走者を出しながらも、粘り強い投球で1点のリードを守り切った。

 「背番号1はチームの顔。自覚を持ってマウンドに立った」という今。試合後には、ややばらつきのあった制球を今後の課題に挙げながらも「チームを負けさせなかったのは、自分の成長したところ」と誇らしげに話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース