東尾氏 母校応援「これを機に箕島がまた強くなってくれたら」

[ 2013年8月9日 06:00 ]

一塁アルプス席で母校を応援する東尾氏

第95回全国高校野球選手権1回戦 箕島2―4日川

(8月8日 甲子園)
 スポニチ本紙評論家で箕島OBの東尾修氏(63)が一塁側アルプス席に駆けつけた。

 母校の応援で甲子園を訪れるのは初めてで「こんなに大きい球場だったのかと驚いた。よちよち歩きの頃から知ってる強監督と選手のおかげでここに来られた。感謝したい」と感慨深げ。東尾氏は故尾藤公監督率いる箕島が甲子園初出場ベスト4(68年春)のときのエース。後輩たちは初戦敗退となったが「これを機に箕島がまた強くなってくれたらうれしいね」と試合後も熱い拍手を惜しまなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース