オリックス マエストリが背信KO ローテてこ入れも

[ 2013年8月9日 06:00 ]

<楽・オ>マエストリは2回途中5失点で降板

パ・リーグ オリックス2-5楽天

(8月8日 Kスタ宮城)
 またも先発が試合を壊した。オリックスのマエストリが来日最短となる1回0/3で5失点KOを喫し、「全てが悪かった。チームに迷惑を掛けた」と吐き捨てた。

 森脇監督は「これから終盤戦で、いよいよ待ったなしの戦い。前半戦悪かった人は、いいものを見せないといけない」と先発陣の再編成を示唆し、マエストリも配置転換の可能性が出てきた。後半戦13試合で、先発が5回持たない試合はこれで6度目。「金子以外で、いかに勝つかが課題」と指揮官の悩みも多いが、唯一の救いは、2番手の海田が3イニングを無失点。今後は先発転向が考えられる。

 ▼オリックス・海田(1軍復帰即、3回無失点)考えすぎずに、持っている力を出そうと思った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース