NPB 福島で復興支援 14日川内村民と野球対決 31日は南相馬

[ 2013年8月9日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)が8日、福島県で行う東日本大震災復興支援事業を発表した。14日に川内村で「ベースボールフェスタIN福島」(川内村総合グラウンド多目的運動場)、31日に南相馬市で「NPB野球教室」(南相馬市総合グラウンド多目的運動場)を開催する。

 川内村では「BON・DANCE大花火大会」への花火提供とともに、前侍ジャパン監督の山本浩二氏(66)が率いるNPB・OBが村民らと野球対決。元巨人の吉村禎章氏(スポニチ本紙評論家)、元阪神の亀山勉氏、元横浜(現DeNA)の鈴木尚典氏らが参加する。NPBは「川内村の伝統行事に協力できることがあれば」と、東京電力福島第1原発事故の影響が残る同村での開催意義を強調した。また、南相馬市では山本氏、元西武の松沼博久氏らによる野球教室を開催する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース