今村 決勝打許す 野村監督「早く“らしさ”を取り戻して」

[ 2013年8月9日 06:00 ]

<広・神>延長11回、今村(左から2人目)はピンチを招きナインがマウンドに集まる

セ・リーグ 広島0-1阪神

(8月8日 マツダ)
 広島投手陣のリレーはゴール目前で暗転した。2カ月ぶりの1軍先発だった中村恭を含む4投手が相手スコアボードに10個の「0」を並べたが、延長11回に救援した5番手・今村が決勝点を失った。

 先頭・大和に外角スライダーを左前へ運ばれると、すぐさま二盗を決められる。続く鳥谷には真ん中高めのストレートを右前へ。無死一、三塁のピンチ。「H」ランプが簡単にともる現実に動揺を隠せず、揚げ句、俊介に右前適時打を浴びた。追い込みながら147キロの内角低め直球を痛打されるところに、22歳の悩みがある。報道陣の問いかけに「…」。晴れない心がにじみ出ていた。

 抑えのミコライオが前日7日、左でん部痛で離脱。3位争いを抜け出すには右腕の早期復調が不可欠だ。野村監督は「今村には早く立ち直ってもらうというか、早く“らしさ”を取り戻してもらいたい」と口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月9日のニュース