ブランコ 140メートル場外弾 敗戦も本拠沸かせた

[ 2013年5月26日 06:00 ]

<D・ロ>5回無死、左越えソロを放つDeNA・ブランコ

交流戦 DeNA4-9ロッテ

(5月25日 横浜)
 DeNAのブランコが3月13日の中日とのオープン戦(横浜)以来の場外弾。

 先頭の5回、カウント3ボールからスライダーを強振すると打球は左中間の看板上部ではねて場外へ消えた。今季5度目の大入りとなったスタンドを沸かせる140メートルの特大21号に「気持ち良かった。負けてたんで盛り上がりすぎるのはどうかと思ったけど…」。交流戦5カード連続で初戦を落とした中畑監督だが「あのカウントから打って答えを出す。ファンを魅了するものがある」と敗戦の中での光とした。

 ▼DeNA・藤井(5回7安打6四死球7失点で今季初黒星)初回、(今江に許した)2ストライクからのホームランが過去最大級の失敗です。

 ▽金城(DeNA)通算100本塁打 25日のロッテ1回戦(横浜)の5回に成瀬から今季3号ソロを放って達成。プロ野球268人目。初本塁打は00年4月16日の巨人戦で槙原から。

 ▼DeNA・金城(通算100本塁打)個人的なものは(現役を)終わったときに考えます。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース