ロッテ 成瀬 5勝目も反省「2本塁打のイメージは悪いですよね」

[ 2013年5月26日 06:00 ]

<D・ロ>DeNAに勝利し、成瀬(右)らナインとハイタッチするロッテ・伊東監督

交流戦 ロッテ9-4DeNA

(5月25日 横浜)
 ロッテ・成瀬が6回4安打4失点で今季5勝目を手にした。

 横浜高(神奈川)出身で、プロ初勝利を挙げた思い出の球場とあって「恥ずかしい投球はできない」と気合が入っていた。4回までは無安打に抑えたが、5回にブランコと金城にソロを被弾すると、6回にも2失点。「点を取ってくれた味方に感謝したい。2本塁打のイメージは悪いですよね」。通算1000奪三振にもあと1個及ばず、記録達成は次回登板に持ち越しとなった。

 ▼ロッテ・江村(5回2死満塁でプロ初適時打となる走者一掃の中越え二塁打)いい場面で出てよかった。成瀬さんをうまくリードできていなかったので、バットで援護できてよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース