守道監督 赤っ恥零敗「スタンドは真っ赤だけどベンチは真っ白や」

[ 2013年5月26日 06:00 ]

<中・西>渋い表情で交代を告げる中日・高木監督

交流戦 中日0-2西武

(5月25日 ナゴヤD)
 真っ赤に染まったスタンドで高木竜が赤っ恥をかいた。過去0勝4敗と苦手の岸にこの日も手も足も出ず、荒木の2安打のみでの完封負け。

 赤いサードユニホームが来場者全員に配られる特典を追い風に、今季最多の3万8195人の観衆を集めた試合で、今季最長となる5連敗を喫した。

 「よりによって、そんな日にこんな打撃を見せとっちゃいかんよね。スタンドは真っ赤だけど、ベンチは真っ白や」

 三塁も踏めなかった淡泊な攻撃を真っ白と表現した高木監督だが、いまひとつ伝わりにくく得意のトークも精彩を欠いた。ここ4試合で36失点していた投手陣が踏ん張ったが、今度は打線が沈黙。23試合連続安打中だったルナも3打数無安打に終わり「きょうはキシの日だった」と脱帽だ。満員の観客のため息だけが、ドームにこだました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース