広島 バリントン 防御率1点台でも勝てず 楽天助っ人コンビに力負け

[ 2013年5月26日 06:00 ]

<広・楽>7回1死、広島・バリントンはマギー(左)に左越え先制ソロを浴びる

交流戦 広島1-2楽天

(5月25日 マツダ)
 広島の助っ投が楽天の助っ人コンビに屈し、連勝は2で止まった。1安打投球だった先発・バリントンが7回1死からマギーに先制ソロを浴び、同点に追いついた直後の9回にはミコライオがジョーンズに決勝ソロを被弾。

 野村監督も「ケアしている中での2本。相手の打撃技術が上回ったということ」と淡々と振り返るしかなかった。

 またしても報われなかった。この日も8回1失点などバリントンは5月の登板4試合すべてで自責点1。防御率1・91と安定感は際立つが4月10日DeNA戦を最後に7戦連続で勝ち星がない。右腕は「自分の目的はチームに勝ちを付ける投球をすること」と気丈だが、打線の援護がなく、3勝目が遠い状況だ。

 打の助っ人・ルイスは不振のため、この日、出場選手登録を抹消。代打出場したニックは同点の8回1死二塁で二飛に終わった。助っ人パワーを痛感させられた敗戦。浮上に向け、外国人の奮起が欠かせない。

 ▼広島・バリントン(8回1失点の好投も実らず)本塁打は失投。あれだけ力のある打者にあの球を投げてはね。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース