楽天 ミスで流れ手放す…星野監督「もうアンビリーバブル」

[ 2013年5月26日 19:21 ]

4回、広島・松山に逆転3ランを浴び、顔をしかめる楽天先発の永井

交流戦 楽天4―6広島

(5月26日 マツダ)
 楽天はミスが重なって流れを手放した。

 先制した直後の4回は先発の永井が2死無走者からの連続四死球をきっかけに逆転を許した。6回の2失点も四球が絡んだ。7回の好機では二塁走者の島内がけん制でアウト。さらに直後の守備では2死一、二塁で菊池の飛球を一塁手のジョーンズ、二塁手の銀次、右翼手の島内がお見合いして1点を献上した。

 お粗末な内容に星野監督も「もうアンビリーバブル。こういうことをやっていたら勝てません」と大きなため息をついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース