大嶺 7回無失点で3勝目 DeNAは交流戦ワーストの5併殺

[ 2013年5月26日 17:11 ]

7回を無失点で3勝目を挙げたロッテ・大嶺

交流戦 ロッテ4―1DeNA

(5月26日 横浜)
 投打の噛み合ったロッテがDeNAに快勝。先発の大嶺は7回4安打無失点で、5月19日の広島戦に続き今季3勝目を挙げた。

 ロッテは4回、先頭・根元の二塁打を足がかりに無死一、三塁とし、井口の併殺打の間に三走が生還し先制した。さらに7回に今江の2試合連続となる5号ソロ本塁打、9回にも荻野貴の左中間を破る2点適時打で3点を追加した。

 DeNAはルーキー三嶋が8回6安打2失点、8奪三振無四球と好投するも、またもや打線が援護できず、プロ初勝利はお預け。一桁安打は10試合連続と貧打は深刻で、一試合5併殺という交流戦ワースト記録のおまけもついた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース