法大・神長監督 引き分けに持ち込み「勝ちに等しい」

[ 2013年5月26日 18:23 ]

 東京六大学野球リーグ第7週第2日 法大5―5明大

(5月26日 神宮)
 法大は優勝を決められなかったものの引き分けに持ち込み、神長監督は「よく追い付いた。勝ちに等しい。まだ負けていないからうちが有利」と満足そうだった。

 愛知・中京大中京高時代に夏の甲子園大会で優勝を経験している主将の河合は「(八回の好機で)若林や斉藤がよく打った。この緊張感の中でやれるのはなかなかない」と重圧を楽しんでいるようだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月26日のニュース